バスケットボール:アメリカ審判暴行に対しある有識者の見解

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回の投稿(アメリカでも審判への暴行事件が発生)で挙げた、

アメリカジョージア州エマーソンで
現地7月8日(日)午前中に起こった

AAU(アマチュア運動連合、全米体育協会)のバスケットボールの試合(【追記】AAU側は、この試合はAAUとは関係ないとアナウンスしています。ソースはこちらでの

選手による審判への暴行事件について、

How an Experienced Ref Would Have Handled the AAU Brawl
Kevin McNutt, a referee for 34 years and author, discusses how he would have handled the AAU brawl, footage of which has gone viral this week. 

アメリカの有識者らしき人が、上記の記事にて
インタビュー形式で今回の事件についての見解を示しています。

見識を述べた人物について

ケビン・マクナット(Kevin McNutt)氏という

高校や AAU のバスケットボールの審判を34年間務めている人物で、
ジャーナリストや起業家としての肩書きもあるそうで、
書物も出版しています。

 

記事によると、主に2作品を出版しており、

Playing Time: Tough Truths About AAU Basketball, Youth Sports, Parents, and Athletes

こちらは、
純粋な競技愛を持つ学生の黒人選手(球技)が、さまざまな人間や企業によって、金の成る木として扱われている

ことについて記しているもので、

Hooked on Hoops: Understanding Black Youths’ Blind Devotion to Basketball

こちらは、
なぜ都市部の黒人少年が学業を軽んじてバスケットやアメフトにのめりこむのか

について記されています。

 

どうやら、両者とも
黒人の少年たちと学生スポーツとの間に根付いている問題点
についてがテーマのようです。

 

学生バスケットボールの審判をしながら、
その学生バスケットボールなどのシステムの問題点を指摘しているようで、
その点では、かなり踏み込んだ活動をしているように思えます。

スマホえんきん

主な見解について

ケビン・マクナット氏が述べた見解について要約すると、

(暴行の動画を見て)
― かなり気分が悪い。
(非があるのは誰か)
― 選手たちにもあるが、一番ではない。
  勃発の前に、既に両チームの選手間で
  いざこざがあったので、
  普通の審判ならば、
  このときにベンチへ警告を伝えてると思う。
  また、大差で負けていた方の選手が
  苛立っていたので、
  特に注意を払うべきだった。

  ただ、審判よりかは
  普段から選手の気質を知っている
  コーチの方に最も責任があると思う。
  その次に選手たちだ。
  審判に刃向かうなんてとんでもない。
  審判には権威があるべきだ。

  審判の方にも非はある。
  試合の全体を見渡せていたのかが疑わしいし、
  選手に立ち向かわずに、
  すぐに試合終了すべきだった。
  そうしなかったので殴られたのだと思う。
  選手を少しバカにしていたのかもしれない。
(あの異常な状況を収めるには?)
― まずはテクニカル・ファウルを宣告し、
  コーチへ当該選手たちを鎮めるように命ずる。
  ルール外のことに関しても
  審判がコントロールするように
  ルールで定められている。
  私ならば、すぐに試合を終わらせる。
  議論などせず、場をすぐに離れて身を守る。

となっております。

当然、コーチと選手に最も非がある。
ただ、審判の方にも問題はある。すぐに試合を終わらせるべきだった。

との見解のようです。

最後に

要は、
審判はもっと自身のレベルアップに励め
ってことなんでしょうが、

 

アマチュアレベルの場合、
審判は他に本職があって(今回の有識者もそうですが)、

審判業は副業レベルになっているケースがほとんどなのではないでしょうか。
(NBAなどのトッププロなら審判は専業だと思いますが。)

 

となると、技術の研鑽に励む時間がある審判もいれば、
そうではない審判や、まだ経験自体が浅い審判もいて、

ゲームを担当する審判の当たり外れの差が大きくなって

今回の件では、あまりレベルが高くない審判が当たってしまった。

 

それに、

件の審判には父親も同会場で審判してた(前回の投稿より)
ってことから、息子審判がまだ若く経験が明らかに浅かった
ことが考えられます。

こう書いてると、審判が全部悪いように感じてしまいますが

マクナット氏は、コーチに一番責任がある
と述べています。

 

なかなか難しい問題ではありますが、おそらくは
こうした根深さは、マクナット氏の著書に詳しく書いてあるのでしょう。

関連記事