NBA:ロケッツ・ダントーニHCが新加入のジェームズ・エニスに求める役割とは?

ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)が今オフに獲得した

ジェームズ・エニス(James Ennis)

201cmのフォワードで
3ポイントとディフェンスに長けた
いわゆる 3&Dプレーヤーということで、

 

新天地ロケッツのマイク・ダントーニ(Mike D’Antoni)HCから、

ジェームズ・ハーデン(James Harden)とクリス・ポール(Chris Paul)のオフェンスを生かすため、
できるだけ多く3ポイントをうってくれ

との指令が下ったようです。

参照記事
Rockets coach Mike D’Antoni wants James Ennis to shoot as many 3s as possible

 

ダントーニHCと話し合ったときにそう言われたようで

シュートを倍うってくれ、
1年間3ポイントに専念してくれ、
そうでないとベンチに下げる。

とまで言われたそうです。

 

またエニス自身、ダントーニが自分に求めているのは
シュートの他に

  • 1番から4番までディフェンスできること
  • ガッツ

であると感じたようで、このオフは
それらを最重要課題として練習してきたとか。

 

関連投稿

ロケッツは再三言われているように
ディフェンス力のある

トレバー・アリーザ(Trevor Ariza)と
ルック・バ・ア・ムーティ(Luc Mbah a Moute)

がチームを去ったので、

 

そのディフェンス力の穴埋めにも
このジェームズ・エニスが役に立てば

いい掘り出し物を見つけたことになるだろう

とのことです。

 

エニスのプレースタイルがどんなのか、こちらを見ました。(length – 1:32)

 

上記のハイライト動画を見ると
こんな良さそうな選手がジャーニーマンなのかと思ってしまいます。

ハーデンやCP3からボールをもらって3ポイントを入れること

ガードからフォワードまでディフェンスできる力

これらを買われてロケッツに加入した
ジェームズ・エニス。

スプラッシュ・ブラザーズ並とはいかないまでも
それくらい3ポイントを入れまくる活躍を期待します。