NBA:ヒューストン・ロケッツ、レイカーズ戦で今シーズン初勝利よりも乱闘の方が話題に・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)
今シーズン2試合目となる

ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)戦で
シーズン初勝利を挙げました。

https://twitter.com/HoustonRockets/status/1053877723309973504

スタッツ Houston 124 – 115 LA Lakers Final 2018-10-21 National Basketball Association | Yahoo! Sports

スタッツを見る限りでは

 

ジェームズ・ハーデン(James Harden)36点
クリス・ポール(Chris Paul)28点、10A
クリント・カペラ(Clint Capela)19点、12R

が本来の数字を出し、

 

カーメロ・アンソニー( Carmelo Anthony)
は7点(3ptが1/7)、10R
と、シュートはいまいちながらリバウンドを取っていた。

といえるかもしれません。

 

まずは、シーズン1勝目だけでなく

レブロン・ジェームズ(LeBron James)が新加入した
注目のレイカーズに勝利することもできました。

 

ハイライト (9:42)

ただ、試合の結果よりも
第4Q終盤で起こった乱闘の方が注目されてしまいました。

 

クリス・ポール
レイジョン・ロンド(Rajon Rondo)
が乱闘していました。

 

レイカーズ14番の
ブランドン・イングラム(Brandon Ingram)も
後から思いっきり殴りに行ってます。

 

ポールが最初に、ロンドの顔に指で突こうとしてますが
その前にロンドが唾をかけたとの証言もあるようです。

このポールとロンドの乱闘のきっかけになったのは

ロケッツのハーデンがドライブ

レイカーズのイングラムと衝突

ハーデンが審判にバスケットカウントをアピール

イングラムがハーデンを突き飛ばす

両者の間を審判が止める

両軍が揉めている間、ポールとロンド間で乱闘発生

の流れのようです。

動画を見た方が分かりやすいとは思いますが。(3:40)

 

CP3とロンドの両者とプレー経験のある
ポール・ピアース(Paul Pierce)は

この2人はずっと仲が良くない。

と言っていました。

少なくとも、ロンドの1年目か2年目の頃から
仲が悪いようです。

元記事
NBA news Paul Pierce reveals Rajon Rondo, Chris Paul haven’t liked each other in over 10 years

 

今シーズンの初勝利を挙げたロケッツですが、
後味の悪い結果にもなってしまいました。