NBA:ジミー・バトラー(ウルブズ)のトレードがようやく決定 移籍先は76ersに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらでもたびたび報じているように
トレード先が注目されていた

ミネソタ・ティンバーウルブズ(Minnesota Timberwolves)の
ジミー・バトラー
(Jimmy Butler)
ですが

関連投稿

 

トレード先が
フィラデルフィア・76ers(Philadelphia 76ers)
に決まりました。

 

リーグのオフィスが週末閉じているため
正式発表は週明けになるそうです。

元記事
Report: Minnesota agrees to trade Jimmy Butler Philadelphia for Robert Covington, Dario Saric

トレードの交換要員は以下の通りです。

 

ウルブズ76ers

 ジミー・バトラー(Jimmy Butler) 
 ジャスティン・パットン(Justin Patton)

 

76ersウルブズ

 ロバート・コビントン(Robert Covington)
 ダリオ・サリッチ(Dario Saric)
 ジェリッド・ベイレス(Jerryd Bayless) 
 2022年ドラフト2巡目指名権1つ

 

これで、

9月のトレーニングキャンプ直前から始まった
ジミー・バトラー問題がこれで一段落しそうです。

 

一時期はロケッツ(Houston Rockets)が
トレード先の最右翼なんて時期もありましたし、

他にもマイアミ・ヒート(Miami Heat)など
巻き込まれたチームがいくつかありました。

移籍先の76ersにとっては今のところ、
バトラーの高額な契約を含めて
来シーズン以降もバトラーにいてもらうつもりのようですが、

当然ながら、バトラー自身が76ersの選手たちと
上手くやっていけるのかという懸念はあるでしょう。

 

ウルブズ、76ersが
今回のトレードでどう転ぶのか
これから気になるところです。