NBA:ハーデンの8試合連続30点オーバーでロケッツが息を吹き返した?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)

12月27日のボストン・セルティックス(Boston Celtics)戦で
127-113 と勝利。

Twitter

Box ScoreCeltics vs. Rockets – Box Score – December 27, 2018 – ESPN

 

これで19勝15敗と4つ勝ち越し。

ここ10試合でも8勝2敗と大きく勝ち越しており

12月28日試合終了時点で
ウェスタン・カンファレンス6位まで浮上と
現在好調です。

2018-19 NBA Standings | ESPN

まあ、相変わらずウェストは混戦で

8位まで4ゲーム差
14位まで7.5ゲーム差

と団子状態です。

特にロケッツの中では、

ジェームズ・ハーデン(James Harden)
叩き出しているパフォーマンスがすばらしく

  • このセルティックス戦では45点を叩き出し
    そのうち決めた3ポイントはキャリアハイの9本
  • 現時点で8試合連続30点以上
  • そのうち直近の6試合で35点以上

とのことです。

元記事James Harden rolls again as Rockets defeat Celtics

 

前述のセルティックス戦は
第1Qで17点を挙げましたが、

その後15分間は0点でした。

それで前半終了時で
2点差まで詰められるのですが

 

後半はハーデンが復活して

  • ドライブイン
  • ステップバック3ポイント

と本来の力を発揮して勝ったという感じだったそうです。

 

こちらのハイライト動画でも
1Qと3~4Qしか流れていません。

(length – 2:55)

 

こうしたハーデンの大活躍が
直近10試合の8勝2敗につながっていることは

大いに考えられますが、

やはりハーデンが不調なときはどうするのか?

という懸念が上述のセルティックス戦でも出てたみたいですね。

現在クリス・ポール(Chris Paul)
ハムストリング(太ももの裏)
を傷め欠場しています。

 

その一方で、
ドク・リバース(Doc Rivers)HCの息子
オースティン・リバース(Austin Rivers)

を新たに獲得し控えガードとして
結構な出場時間を得ています。

もちろん、リバースだけでなく

他にも

  • ドラフト外ルーキーのゲイリー・クラーク(Gary Clark)
  • ケガから復帰間近のジェームズ・エニス(James Ennis)
  • 膝の手術から復帰したブランドン・ナイト(Brandon Knight)

の活躍にも期待したいです。

関連投稿

 

ただ、不安材料はどうあれ
チームの成績が上がっているのは
とてもよいことです。